石油消費の追跡はすべてアジアについて

ジョン・ケンプ12 12月 2019
©Vic / Adobe Stock
©Vic / Adobe Stock

石油市場アナリストは、生産、消費、在庫に関するさまざまな統計を理解し、さまざまな定義と精度と適時性で編集および公開する必要があります。

課題は、市場全体の正確で微妙な全体像を形成し、重要な詳細を失うことなく有用な予測を生成できるようにすることです。

世界銀行は、世界の約200の経済を特定していますが、少なくとも消費側では、市場分析にとって個々に重要なのはほんの一握りだけです。

石油市場は複雑な適応システムと考えられています。

複雑なシステムとは、「中央制御がなく、複雑な集団行動を引き起こす単純な操作規則のないコンポーネントの大規模なネットワーク」です。

しかし、石油市場の需要側から見ると、個別に追跡する価値がある国は、市場全体に影響を与えるほど消費が大きく、均衡を変化させるのに十分な速さで変化する国だけです。

世界の石油消費量の半分以上を占め、過去10年間の成長の4分の3を占めるのはわずか10か国であり、これらを厳密に守ることが重要です。

他の国は個人の影響を与えるには小さすぎますが、価格の急上昇や不況などの一般的な世界的な影響に応じて消費が集合的に変化すると、グループに違いをもたらすことができます。

主要な石油消費者
世界の石油消費の成長に最も重要な影響を与えるのは、急速に成長している大規模な消費者である中国とインドです。

BPのデータによると、中国の石油消費量は2018年に1日あたり1,350万バレル(bpd)に達し、過去10年間で年間平均5.5%増加しました。

インドの石油消費量は2018年に510万bpdに達し、過去10年間で平均5.1%増加しました(「世界エネルギーの統計レビュー」BP、2019年)。

中国とインドは、昨年の全世界の石油消費量の19%を占め、過去10年間の消費成長率の58%を占めました。

アジアの2大企業は、消費分析においてますます支配的な役割を果たし、独自のカテゴリーに属しています。

次に重要なのは米国で、2,050万bpdの消費、中国よりも約50%、インドよりも300%高いですが、2008-2018年の成長率は年間わずか0.5%です。

米国は世界の消費量の約20%を占めており、中国とインドの合計をわずかに上回っていますが、成長率が遅いため、価格形成への決定的な影響ははるかに小さくなっています。

(石油価格に対する米国の影響は、世界最大かつ最も急成長している石油供給者としての役割の結果として、主に生産側から感じられます)。

米国を越えて、サウジアラビア、ブラジル、韓国、そしておそらくロシアが来ます。これらはすべて2008-2018年に急速な成長を見せた中規模の石油消費者です。

最後に、日本とドイツ、中規模の石油消費者で、過去10年間で比較的急速に減少する石油使用量を示しました。

カナダは同規模の石油消費国ですが、2008年から2018年にかけて非常に緩やかな成長しか示さず、分析的には比較的重要ではありません。

これら10か国は、2018年には全世界の消費の60%を占め、2008-2018年にはすべての消費の伸びの76%を占めました。

世界の石油消費量の追跡は、主にこれらの主要な消費国で起こっていることを綿密に追跡することです。

共通の影響
残りの190の経済は世界の石油の40%を消費しましたが、10年の成長の4分の1未満を占めました。

これらの経済は小さすぎて、個々に石油消費と価格に大きな影響を与えることはできませんが、全体として重要な影響を与える可能性があります。

原油価格の急騰と不況は、これらの他の経済の消費に同期して大きく影響し、市場を動かすのに十分な大きさです。

また、グローバルおよび地域のビジネスサイクルは、これらの経済の消費に共通の影響を与える傾向があり、全体としては大きな影響を与える可能性があります。

そして、商品価格サイクル(石油と非石油商品の両方を含む)は、集団的な石油消費に現れる商品依存輸出国に大きな共通の影響を与える可能性があります。

代表的なサンプル
ほとんどの場合、原油価格、マクロ経済サイクル、商品サイクルからの小規模な消費経済への影響は、主要な消費経済と同じです。

上位10の石油消費者には、先進国(米国、日本、ドイツ、カナダ、韓国)と新興市場(中国、インド、ブラジル、ロシア、サウジアラビア)のかなり代表的なサンプルが含まれています。

トップ10には、消費者(中国、インド、日本、ドイツ、韓国)だけでなく、石油生産者(米国、ロシア、サウジアラビア、カナダ、ブラジル)の代表的なミックスも含まれています。

また、北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル)、ヨーロッパ(ドイツおよびロシア)、中東(サウジアラビア)、およびアジア(中国、インド、日本、韓国)を含む地理的に優れた組み合わせがあります。

そのため、上位10の石油消費者の動向は、より広範な石油市場の有用な代理となり、世界の消費の伸びを追跡するタスクをはるかに簡単かつ容易にします。


(ジョン・ケンプはロイター市場アナリストです。表明された見解は彼自身のものです。ジェーン・メリマンによる編集)