空襲の後、イラクを去る米国の石油労働者

3 1月 2020
©katwijksenieuwe / Adobe Stock
©katwijksenieuwe / Adobe Stock

イラク南部の石油都市バスラで外国の石油会社に勤める数十人の米国市民が金曜日に出国すると、米空軍がイラクのトップイラン司令官を殺害した後、石油省は述べた。

バグダッドの米国大使館は、米国がイラン・クッド軍の指導者カッセム・ソレイマニとイラク民兵司令官アブ・マフディ・アル・ムハンディスを殺害した数時間後に、すべての市民に直ちにイラクを去るよう促した。

イラクの当局者は、避難は作戦、生産、輸出には影響しないと述べた。

会社の情報筋は、労働者が国外に飛び出すと予想されていた以前にロイターに語った。

石油輸出国機構で2番目に大きい生産国であるイラクの石油生産量は、OPECの生産量に関するロイターの調査によると、1日あたり約462万バレル(bpd)でした。

バスラの近くにある巨大なRumaila油田を運営しているBPのスポークスマンはコメントを避けた。 Rumailaは、最近4月に約150万bpdを生産しました。

イタリアのエネルギーグループのエニは、昨年エニに約34,000 bpdの純量を生産したイラクのズバイル油田-油田の総生産量のほんの一部が-定期的に進行していると語った。エニは、グループがイラクの状況を綿密に監視していると述べた。

イラク北部の自治区クルディスタンの石油生産者であるジェネルは、操業は正常に継続していると述べた。スタッフの動きについてはコメントしていません。

クルディスタンでも操業している湾岸キーストーン石油は、「これらのイベントがイラク南部で行われている間、湾岸キーストーンは、Shaikan(油田)の状況と運営を通常どおり監視している」と述べた。

DNOはコメントのリクエストにすぐに返信しませんでした。


(Aref Mohammed、Shadia Nasralla、Ron Bousso、Dmitry Zhdannikovによる報告。JasonNeely、Edmund Blair、Nick Macfieによる編集)

カテゴリー: 中東