第3週の米国の原油在庫の低下

Jim McCaul20 12月 2018
©leeyiutung / Adobe Stock
©leeyiutung / Adobe Stock

先週、米国の原油在庫は再び下落した。米国エネルギー情報局(EIA)の最新週刊調査では、12月14日に終了した週の在庫が50万バレル減少したことが示されています。わずかな落ち込みながら連続して3番目の減少です。

EIAデータには米国の石油備蓄のみが含まれていますが、調査結果は国際的な数値よりも信頼性が高く、より頻繁に入手可能であり、グローバルな在庫状況の代理として使用されることが多いです。

国際エネルギー機関(IEA)の月次見積もりは、引き続き世界的な石油在庫の増加を示している。最新のIEAデータは、経済協力開発機構(OECD)諸国の商業石油株が4ヶ月連続で増加し、3月以来初めて5年平均を上回っていることを示している。

EIAの在庫数が減少したことで、ブレントは前日の値下がりの一部を回復しました。ブレント島は12月18日に7%下落し、56ドル安の打撃を浴びた。 12月19日の在庫データの発表に続いて、ブレントは57.50ドルに上昇した。

OPEC +が合意した供給削減契約は、最終的に在庫を引き下げ、より高い原油価格を支持する。しかし、現時点では、ブレントの価格は10月初めから3分の1に低下しており、新しい生産施設への大規模な投資を計画している事業者は明らかに緊張している。我々は価格が65ドルから75ドルの範囲に戻っているのを見続ける - しかし、2019年第1四半期は、輸送中の石油が引き続き市場に流入し続ける難しい時期になるだろう。


(出典:IMA)

カテゴリー: エネルギー