米国のオイルリグ計数は上昇を続ける

27 4月 2018
©FerrezFrames / Adob​​e Stock
©FerrezFrames / Adob​​e Stock

米国の石油掘削リグ数は4週連続で上昇し、3年ぶりの高値に近い原油取引で利益を上げるため、生産を増強する予定であるため、大幅に上昇した。

掘削機は4月27日に5つの石油リグを追加し、合計数を825にした。ゼネラル・エレクトリック社のベイカー・ヒューズエネルギーサービス会社は2015年3月以来最高水準に達した。

今月、掘削機は、3月に2つのリグを切断した後、4月に28の石油リグを追加した。これまでのところ、リグ数は78で上昇しています。

将来の生産量の早期指標である米国のリグ計数は、697リグが稼動していた1年前よりもはるかに高い。エネルギー企業は、原油価格が2年の暴落から回復し始めた2016年中頃から、掘削と補完のための支出を着実に増やしています。

米国の生産者は、主に西テキサス州とニューメキシコ州のペルミアン盆地でシェール掘削を加速しており、今年の国産生産量は1日当たり1,000万バレルを上回っています。

2014年11月以来最高水準に近く、今週の米原油先物は1バレルあたり68ドル近くで取引されている。今年の今年の先物価格は平均して64ドルで、2017年には50.85ドル、2016年には43.47ドルだった。

先物を見ると、2018年の残高は67ドル、2019は62ドルだった。

米国の金融サービス会社Cowen&Coは、2018年の2017年の高値を見込んで、65の探査・生産(E&P)会社のうち58社が、今年11%増を計画していると指摘している。

Cowen氏は、2018年の資本計画を発表したE&Pは、2017年の推定724億ドルから2018年には805億ドルを費やすと予想していると述べた。

米投資銀行パイパー・ジャフレイのエネルギー専門家シモンズ・アンド・カンパニーのアナリストは、2018年に1,015台、2019年に1,130台に達したと発表した。これは先週の2018年の予測1,014 2019年に1,129人となった。

今年現在までに米国で活動している石油・ガス設備の総数は平均で977であり、2017年には876隻、2016年には509隻、そして2015年には978隻を下回っています。ガス。

ConocoPhillipsは、第1四半期に1年以上現金を失った米国のシェールの操業は、現行水準より20ドル以上高いバレル当たり45ドル以下の原油価格で利益を上げている、と述べた。

世界最大の独立石油・ガス探査・生産会社は、2018年の資本予算を55億ドルで維持したが、生産見通しをわずかに引き上げた。

今週の米国の石油・ガス生産会社ヘス・コーポレーションは、純生産が第1四半期に減少したと述べた。火災後のエンチラダ・プラットフォームの閉鎖によりメキシコ湾での生産が減少すると予想されていたが、同社はノースダコタのバクケン・シェールの生産量が12%増加したという予測を上回った。

北米企業が石油とガスの生産を増強したが、水力破砕市場の厳しい厳しい状況が続くと、油田サービスプロバイダーのHalliburton Coは第1四半期の売上高が34%増加したと報告した。


(Scott DiSavinoによる報告; Marguerita Choyによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス