米国のリグカウント登山

28 12月 2018
©Pumpjack / Adobe Stock
©Pumpjack / Adobe Stock

米国のエネルギー会社は、原油価格が1-1 / 2年ぶりの安値に下落したにもかかわらず、2週連続で石油掘削装置を追加し、今年は20%以上の損失に向かった。

ゼネラル・エレクトリック社のベイカーヒューズエネルギーサービス会社は金曜日に、そのレポートを精査したところ、12月28日までの週に2台の石油掘削装置を追加し、合計885台となったと述べた。

その月のリグ数は2減り、6ヶ月ぶりに減少しました。しかし、今四半期の数は22個増え、4番目に増えています。

年間カウント数は138でした。これは2017年の222リグの増加と2016年の11リグの減少とを比較したものです。

将来の生産量の初期指標である米国のリグ数は、エネルギー会社がより高い価格を取得するためにより多くを費やした後に747のリグがアクティブになった1年前よりも高くなっています。

米国のウェストテキサス中級(WTI)原油先物は1バレル当たり46.22ドルに達した後、15セント上昇して1バレル当たり44.76ドルとなったが、米国のベンチマークは3週連続の赤字となった。

原油先物は、2019年の残高で1バレル当たり46.74ドル、2020年のカレンダーで48.43ドルで取引されていました。

現在までのところ、米国で稼動している石油およびガスリグの合計数は平均1,031です。これにより、2018年の合計数は2014年以来最高となり、平均1,862リグとなりました。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産します。


(Sumita Layekによる報告、Meredith Mazzilliによる編集)