米国のリース販売掘削需要のテスト

Nichola Groom著20 3月 2019
©flyingrussian / Adobe Stock
©flyingrussian / Adobe Stock

トランプ政権は水曜日に米国メキシコ湾で石油とガスのリースのための4番目の主要なオークションを開催します。

リース売却の結果は、ドナルド・トランプ大統領の内務省が沖合掘削を拡大するための待望の提案を、おそらく大西洋、太平洋、北極の新たな地域に発表する前に、米国の水域への関心について業界からの最後の大きなシグナルを提供するでしょう。

水曜日の売却には、メキシコ湾の連邦海域で利用可能な未開発の地域、またはテキサス州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、アラバマ州、フロリダ州の沖合の約7800万エーカー(3150万ヘクタール)が含まれます。

それは政府機関の2017-2022プログラムでの規模の4番目の売り上げであり、これはトランプ政権のより多くの連邦政府の土地と水をエネルギー探査に開放するというアジェンダの重要な部分である。

オバマ政権下で保有されているメキシコ湾のリース売上高ははるかに少ない作付面積を含んでいたが、典型的にはより多くの利子と収益をもたらした。これは石油価格の下落と最近の陸上でのより容易な引当金のブームによって説明できる。

たとえば、過去3回の売上では、オバマの下での過去3回のセントラル湾リース売上の1.6〜4.3%に対して、提示された面積の1%以下が入札を受けました。合計すると、直近の3件の売上高は約4億2400万ドルの高値を生み出しました。これは2013年と2014年の石油価格の平均値が1バレル100ドル近くだった中央湾岸の個人売上高の半分以下です。

米国政府は、メキシコ湾の外陸大陸棚に約480億バレルの未発見の技術的に回収可能な石油と141兆立方フィートの未発見の技術的に回収可能なガスが含まれていると推定しています。

しかし、最近の米国の石油生産ブームの大部分は陸上に集中しており、深海よりも掘削が安価です。

内務省は昨年、影響を受けているほぼすべての沿岸国からの反対や石油産業からの関心の証拠がほとんどないにもかかわらず、残りのほぼすべての米国の沖合海域を大西洋、太平洋、北極圏などで掘削にかけることを提案した。

フィードバックを受けた後、部門は今後数週間でその掘削計画に関する最終提案を発表する予定です。


(Nichola Groom EditingによるSusan Thomasによるレポート)

カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー, 深層水