米国の掘削機が4週間で第1週に油田を追加

12 10月 2018
©FerrezFrames / Adob​​e Stock
©FerrezFrames / Adob​​e Stock

原油価格がほぼ3週間ぶりに最低値に転落したとしても、米国の石油掘削リグ数は今週4週間ぶりに上昇した。

掘削機は、10月12日までに8つの石油リグを追加し、総計は869となったと、General Electric CoのBaker Hughesエネルギーサービス会社は金曜日に続き、

この増加は、8月中旬以来の最大の週次利益です。

将来の生産量の早期指標である米国のリグ計数は、エネルギー会社が2018年に2017年よりも高い価格を獲得するために生産を増強したため、743の設備が稼動していた1年前より高くなっています。

しかし、6月以来、ペルム系流域でシェール革命を起こした西テキサス掘削機がパイプラインを介して地域から多くの石油を輸送する能力を圧倒しているため、リグの数は860辺りで停滞している。

全米石油リグの半分以上がペルム紀にあり、これは同国最大のシェール油生産地です。アクティブユニットは、今週4人増えて489となり、2015年1月以来の増加率を示しています。

ムーディーズのアナリストらは、今週、ペルミアン以外の市場への石油・天然ガスのテイクオーア容量が、新パイプラインが稼働すると予想される2019年の下半期まで、

米原油先物相場は、1バレル当たり71ドル前後で取引され、米国在庫の大幅な上昇とイランの石油輸出削減をめぐる米国の制裁懸念が消え去ったため、1週間ぶりに下落する見通しだ。

これまでのところ、今年の米国原油先物価格は平均67.14ドル/バレルとなっている。これは2017年のカレンダーで50.85ドル、2016年に43.47ドルの平均と比較されます。

先見のつけば、原油先物は、2018年の残高は1バレル当たり71ドル近く、2019年のカレンダーは70ドルをわずかに上回っていた。

今週、米国の金融サービス会社Cowen&Coは、探査と生産(E&P)企業が、計画された設備投資で今年18%増を示すガイダンスを提供したと述べた。

Cowen氏は、2018年にE&Pの総額が853億ドルに達すると予測している。これは、2017年に予定されている722億ドルの支出と比較している。

米投資銀行パイパー・ジャフリーのエネルギー専門家Simmons&Coのアナリストらは、今週、平均石油・天然ガス採掘量は、2017年の876件から2018年の1,031件、2019年の1,092件、2020年の1,227件に増加すると予測している。

1,063の石油・ガス設備が既に稼働しているため、2015年3月以降、掘削機は残りの1年間で2018年のシモンズの予測を打ち負かす必要があります。

年初来、米国で活動している石油・ガス設備の総数は平均で1,021である。これにより、2018年のトラック数は2014年以来最高になり、平均で1,862回のリグを記録しています。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産しています。

米国エネルギー情報局(EIA)は今週、米国の年間平均生産量は、2018年に1日当たり1070万バレル(bpd)、2017年には2017年に1180万バレルと、2017年の940万バレルから過去最高になると予測している。

連邦エネルギーデータによると、現在の常時米国の年間生産ピークは1970年に960万バレル/日であった。


(Scott DiSavinoによる報告; Marguerita Choyによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス