米国の掘削機は5月以来ほとんどの石油リグを追加

10 8月 2018
©Aneese / Adob​​e Stock
©Aneese / Adob​​e Stock

米国のエネルギー企業は、今年5月以来、掘削機が2018年の原油価格の高騰を見越して探査と生産を近年よりも多く費やす計画に従うことで、最も多くの石油リグを追加した。

掘削機は、8月10日までに10機の石油リグを追加し、総計は869となり、2015年3月以来の最高水準に達したと、ゼネラル・エレクトリック社のBaker Hughesエネルギーサービス会社は金曜日に続き、

このリグ計数の増加は、2015年8月以来、米国と中国の間の貿易緊張が石油需要に悪影響を及ぼす可能性があることを背景に、米国の原油価格が6週間連続で下落することになった。

将来の生産量の早期指標である米国のリグ計数は、エネルギー企業が2018年に前年よりも高い価格を予想して生産を伸ばしているため、768の設備が稼動していた1年前より高くなっています。

これまでのところ、今年の米国原油先物価格は平均1バレル66.28ドル。これは2017年に平均50.85ドル、2016年に平均43.47ドルとなっている。

先物を見ると、原油先物は2018年の残高は67ドル近く、2019年のカレンダーは64ドルを超えて取引されていた。

米国の金融サービス会社Cowen&Coは今週、Anadarko Petroleum Corp、Apache Corp、Cabot Oil and Gas Corpを含む探査と生産(E&P)会社が、2017年より2018年に高値を予想して、今年は計画的な設備投資で18%増加する。

近年、アナダルコ、アパッチ、キャボットなどのエネルギー企業は、2018年に掘削と補完に費やす予定の資本金を増やしました。

コーウェン氏は、今週のE&Pは、先週の推定836億ドルから2018年には合計852億ドルを費やすと予想していると述べた。これは2017年に722億ドルの支出計画と比較されます。

米投資銀行パイパー・ジャフリーのエネルギー専門家Simmons&Coのアナリストは、平均石油・天然ガス採掘量の合計が、2017年の876から2018年には1,032へ、2019年には1,092、2020年には1,227週間。

1,057の石油・ガス設備がすでに稼動しているため、掘削機は残りの1年間にシモンズの2018年の予測を打つために、一握りの設備を追加するだけで済みます。

これまでのところ、米国で活動している石油・ガス設備の総数は平均で1,012である。これにより、2018年のトラック数は2014年以来最高になり、平均で1,862回のリグを記録しています。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産しています。

米国エネルギー情報局(EIA)は今月、米国の年間平均生産量は、2018年に1日当たり1070万バレル(bpd)、2017年に2017年には1170万バレルと、2017年の940万バレルから過去最高になると予測している。

連邦エネルギーデータによると、現在の常時米国の年間生産ピークは1970年に960万バレル/日であった。

(スーザン・トーマスによるScott DiSavino編集による報告)

カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー, シェールオイル&ガス