米国の掘削盛土のように、多年にわたる高値に近い安定した石油

クリストファージョンソン14 5月 2018
©James Thew / Adob​​e Stock
©James Thew / Adob​​e Stock

主要原油輸出国であるイランに対する米国の制裁措置に対して、欧州とアジアで抵抗が表明されたことから、石油価格は月曜日の3・2年ぶりの高値を下回り、米国の掘削は北米の生産高を指摘した。

ブレント原油は15セント高の1バレル= 77.27ドルで、1130GMTとなった。米国の軽質原油は5セント高の70.75ドル。

石油先物取引は、先週2014年11月以来の最高値を打った。これは、今年後半に制裁がかかった場合、イランの原油供給が急落すると予想しているため、それぞれ78ドルと71.89ドルである。

米国の制裁がいかにしてイランの石油産業に打撃を与えるかははっきりしていない。テヘランに対するワシントンの行動に他の主要石油消費者がどのように反応するかは、11月に発効するだろう。

中国、フランス、ロシア、英国、ドイツ、イランはすべて、イランの核計画を支配し、イランや企業の経済制裁緩和につながった。

石油アナリストの中には、イランの原油輸出が1日あたりわずか20万バレル(bpd)減少すると予想している人もいるが、他の人は100万バレル/日に近づけると述べている。

ソシエテジェネラルのアナリスト、マイケルウィットナー氏は、米国の制裁により、世界の石油市場からイラン原油が40万〜50,000バレル/日削減されると予測している。

「2012年には、イランの原油生産と輸出の減少は、約100万バレル/日であった」とウィットナー氏は語った。 「今回は、インパクトはあまり期待できません」

先物取引会社AxiTraderのチーフ・マーケット・ストラテジストのグレッグ・マッケンナ氏は、制裁が「意図された方向にかみ合う」ことはまだ「はるかに遠い」と述べている。

ドイツは米国の制裁措置から企業を守ると言い、イランはフランスの石油大手トータルがまだその分野から抜け出しており、中国が米国によって作られた空隙を埋め尽くす準備が整っているとみている」

石油輸出国機構(OPEC)とロシアを含む非OPEC生産国の自主的な生産抑制の下で、石油価格の急騰は逼迫している。

しかし、月曜日、新石油生産のための米国の掘削の増加のニュースで市場は確認された。

米国の掘削機は5月11日までに週10回の石油リグを追加し、総量は844に達し、2015年3月以来最高水準に達した。

フーズセクシートFXのチーフ・マーケット・ストラテジスト、フセイン・セイード氏は、「米国の小売高騰は引き続き価格引き上げの上限になる」と述べた。

(シンガポールでのHenning Gloysteinの追加報告、David Goodmanによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス