米国の石油掘削機が4週間で第1週に漁獲量を削減

2 11月 2018
©FerrezFrames / Adob​​e Stock
©FerrezFrames / Adob​​e Stock

米国の石油掘削リグ数は今週4週間ぶりに減少したが、生産台数が高水準になる中、リグ計数は3年ぶりに最高値に近く、一部の企業は今年より高い生産量を予測している。

掘削機は11月2日に1週間に1つの石油リグを削減し、合計数を874に下げたと、ゼネラル・エレクトリック社のBaker Hughesエネルギーサービス会社が金曜日の緊密な報告によると、

将来の生産量の早期指標である米国のリグ計数は、エネルギー企業が2018年に2017年よりも高い価格を獲得するために生産を増強しているため、729リグが稼働していた1年前より高くなっています。

全米石油リグの半分以上がペルム盆地にあり、これは同国最大のシェール油生産地です。現役ユニットは今週2人で今週487人に減った。

テキサス州とノースダコタ州の生産量が新鮮なピークにまで上昇したことを受けて、8月の米国原油生産量は416,000バレル/日(bpd)増の1136万バレル/バレルとなった。

Apache Corpは、原油価格の高騰とペルミアン産出の増加の恩恵を受けて、四半期毎の利益が予想を上回り、生産予測を引き上げた。

北部ダコタ油田の生産高は、第3四半期中に記録的な成績を収め、今年末までに大幅に増加するだろうとの見通しを示した。

Apacheとその同業者は、米国原油の平均価格が前年同月比で32%上昇したという恩恵を受けている。これまでのところ、米国の原油先物は、2017年の50.85ドルから2016年の43.47ドルに上昇し、1バレル当たり平均67.19ドルとなった。

米原油先物相場は1バレル= 63ドル前後で取引され、11月4日に開始される米国の制裁決議にもかかわらず、4週間連続で下落する見通しだ。

今週、米国の金融サービス会社Cowen&Coは、探査と生産(E&P)企業が、計画された設備投資で今年20%増を示すガイダンスを提供したと述べた。

Cowen氏によると、2018年にE&Pの総額は867億ドルに達すると予想されている。これは2017年に予定されている722億ドルの支出と比較している。

米投資銀行パイパー・ジャフリーのエネルギー専門家Simmons&Coのアナリストらは、今週、平均石油・天然ガス採掘量は、2017年の876件から2018年の1,031件、2019年の1,092件、2020年の1,227件に増加すると予測している。

1,067の石油・ガス設備がすでに稼働しているため、掘削機は残りの年にリバーを追加する必要はなく、シモンズの2018年の予測を打つことができます。

年初来、米国で活動している石油・ガス設備の総数は平均1,024件あります。これにより、2018年のトラック数は2014年以来最高になり、平均で1,862回のリグを記録しています。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産しています。


(Scott DiSavinoによる報告; Susan ThomasとMarguerita Choyによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス