米国の石油掘削機は2016年5月以来ほとんどの漁船を削減

Scott DiSavino7 12月 2018
©FerrezFrames / Adob​​e Stock
©FerrezFrames / Adob​​e Stock

米国の掘削機は、過去2年間で過去最高の石油輸出国になったが、

ゼネラル・エレクトリック社(General Electric Co)のベーカー・ヒューズ(Baker Hughes)エネルギーサービス会社は、2016年5月以来の最大の週刊誌である12月7日までに、10の石油リグを12月7日に削減した。

全米石油リグの半分以上がペルム盆地にあり、これは同国最大のシェール油生産地です。活動的な部隊は、今週11月初めから今週4人減って最低になった。

先週、米国は石油輸出国機構(OECD)と同盟国が、世界的な石油供給不安の中で価格引き下げを支援することで合意したとしても、過去最高の輸入量を上回った。

将来の生産量の早期指標である米国のリグ計数は、751リグが稼働していた1年前よりも高くなっています。これは、エネルギー会社が今年、より高い価格を引き上げるために生産を増やすために費やしたためです。

OPEC主導の1日当たり120万バレルの減産により、米国の原油先物は1バレル当たり54ドル以下で取引され、前月の契約は6月以来の最大の週間増分率に追いついた。

先を見据えて、カレンダー2019年と2020年の原油先物は1バレルあたり55ドル前後で取引されていた。

今週、米国の金融サービス会社Cowen&Coは、探査と生産(E&P)企業が、計画された設備投資で今年23%増を示す指針を示していると述べた。

コーウェン氏は、2018年にE&Pが891億ドルを費やすと予想していると述べている。2017年の投資予測額は722億ドルである。コーウェン氏は2019年初頭の設備投資予算が混在していると述べた。

米投資銀行パイパー・ジャフリーのエネルギー専門家Simmons&Coのアナリストらは、今週、平均石油・天然ガス採掘量は、2017年の876件から2018年の1,031件、2019年の1,092件、2020年の1,227件に増加すると予測している。

年初来、米国で活動している石油・ガス設備の総数は平均1,029件あります。これにより、2018年のトラック数は2014年以来最高になり、平均で1,862回のリグを記録しています。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産しています。

米国政府の年間平均生産量は、2018年には1090万バレル/バレル、2017年には201万バレル/バレル、2017年には940万バレルとなる見込みです。

連邦エネルギーデータによると、現在の常時米国の年間生産ピークは1970年に960万バレル/日であった。


(Scott DiSavinoによる報告; Marguerita Choyによる編集)

カテゴリー: シェールオイル&ガス, ファイナンス