米国の石油掘削漁獲量は、

18 5月 2018
©arinahabich / Adob​​e Stock
©arinahabich / Adob​​e Stock

原油価格が数年ぶりに上昇したとしても、6週間連続して上昇した後、米国の石油採掘台数は今週も安定しており、掘削機は特にシェールから記録的な量の油を採掘するよう促した。

ゼネラル・エレクトリック・カンパニーのベーカー・ヒューズエネルギーサービス会社は、5月18日までの1週間の石油リグ総数を844とし、

将来の生産量の早期指標である米国のリグ計数は、エネルギー会社がOPECの価格上昇を利用して世界の生産を削減しようとする動きと並行して生産を拡大しているため、720リグが稼働していた。

米原油先物相場は、2014年11月以来の高水準を維持している米国の制裁解除により、イランの輸出が減少する可能性があるとの懸念から、今週1バレル72ドルを超えて取引された。

シェールの生産は6月には1日当たり720万バレル(bpd)と過去最高を記録する見通しであり、米国最大のペルミン盆地であるペルミアン盆地からの増加は圧倒的であり、330万バレルbpd、今週のエネルギー情報管理(EIA)が予測した。

今月初めにEIAが予測した年間平均米国生産量は、2017年の940万バレルから2018年には1070万バレル、2019年には1190万バレルと記録的に上昇するだろう。

米国の金融サービス会社Cowen&Coは、高値を見込んで、探鉱・生産(E&P)企業が今年、予定されている設備投資額で今年13%増加すると指摘している。

コーウェン氏は、E&Pは、2017年の推定721億ドルから、2018年には合計812億ドルを費やす予定だと述べた。

米投資銀行パイパー・ジャフレイのエネルギー専門家シモンズ・アンド・コアー(Simmons&Co)は、2018年に1,020人、2019年に1,125人に増加すると予測しています。これは先週の1,020人の予測よりも少し低い2018年と2019年には1,135人となった。

今年に至るまで、米国で活動している石油・ガスリグの総数は平均で987であり、2017年の平均値876から大幅に増加しました。これにより、リグ計数は2014年以来最高となり、平均1,862リグになります。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産しています。


(Marguerita ChoyによるScott DiSavino編集による報告)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス