米国の石油生産高は3月に10.47Mln BPDを記録

31 5月 2018
©FerrezFrames / Adob​​e Stock
©FerrezFrames / Adob​​e Stock

エネルギー資源局(EIA)は、3月の米国原油生産量が日量215,000バレル/バレル(日量10.47百万バレル/日)を突破したと発表した。

テキサス州の生産量は4%増のほぼ420万バレルに達し、2005年のデータによると過去最高を記録しました。テキサス西部とニューメキシコ州東部にまたがるペルム系流域は、米国最大の油田です。

ノースダコタからのアウトプットは約120万バレル/日、メキシコ湾のアウトプットは1.1%減の170万バレル/日であった。

同省はまた、2月の石油生産量を5,000バレル/日で10.26百万バレル/日に下方修正した。

EIAの914生産報告書によると、下位48州の米国の天然ガス生産量は、3月の過去最高の888億立方フィート(前年比87.7bcfd)から上昇した。

テキサス州では、3月の1.3%増の22.7bcfdとなり、2016年4月以来の高水準となった。

2番目に大きいガス生産国であるペンシルベニア州では、生産は3月に16.4bcfdに減少し、2月の過去最高の16.5bcfdから0.6%減少した。それは2017年3月の14.8 bcfdの生産と比較されます。


(Marguerita ChoyによるScott DiSavino編集による報告)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス