米国北極圏で遅れた地震調査

Yereth Rosen著11 2月 2019
©sumikos / Adobe Stock
©sumikos / Adobe Stock

この冬、北極圏野生生物保護区の沿岸地帯で地震探査は行われないとのこと。

米国内務省の広報担当者アレックス・ヒンソン氏は、次のように述べています。

許可を申請している会社SAExplorationは、ANWRの掘削の前段階として耐震試験のために2018年12月という早い時期に開始日を申請していました。

アプリケーションはアクティブなままですが、変更されます。 「申請者は、2019年12月の開始日を反映するように両方の許可を修正するよう我々に求めており、それは今後数週間以内に出てくるはずです」とHinsonは言った。

議会は2017年末に可決された税法の一環として、オイルリースの北極圏を開拓しました。

環境保護団体は、避難所の沿岸平野での石油開発に激しく反対しています。この納税請求書には、アラスカ上院議員のLisa Murkowskiが擁護している避難沿岸平野でのリース販売を要求する条項が含まれていました。

掘削相手は、SAExplorationが計画している3次元の地震探査にさえ反対しています。

批評家たちは、それは野生動物、特に彼らの子供と一緒に洞穴にいるシロクマの母親を害するだろうと言っています。ホッキョクグマへの影響が予想されるため、SAExplorationは米国の魚類野生生物局からの特別な許可を必要としています。これは会社がまだ受け取っていないという許可です。

アラスカのノーススロープツンドラを横切る産業旅行は、土が固く凍り、十分に保護された積雪層であると考えられるもので覆われている冬の間だけ許可されます。

フェアバンクスに本拠を置くNorthern Alaska Environmental Centerのプログラムディレクター、Lisa Baraffは、SAExplorationの耐震プロジェクトが少なくとも来年の冬まで保留になっている理由はわからないと述べた。

「それは政府の閉鎖の問題と、ホッキョクグマへの影響の可能性など、非常に現実的ないくつかの懸念の組み合わせである可能性があります」とBaraff氏は述べた。

トランプ政権は、リースの選択肢を検討しており、今年最初のリース販売を予定している。


(アラスカ州アンカレッジでYereth Rosenによる報告、David Gregorioによる編集)

カテゴリー: サーベイヤー, 法的, 環境