英国の北海油価、上昇に支出

9 10月 2018
©pxl.store / Adob​​e Stock
©pxl.store / Adob​​e Stock

英国北海で石油・ガスを生産するために必要な費用と営業支出は、2017年と比較して、今年は全体的にもバレル単位でも上昇するとの見通しを示した。

石油ガス公社によると、成熟した北海の石油・ガス流域の今年の全般的な営業支出は、ほぼ9%増の75億ポンド(98億ドル)と推定されている。しかし、これはまだ2014年に比べて3分の1程度低く、原油価格が1バレル100ドルを超えるとコストが上昇した。

生産コストの合計を生産された石油換算量の合計で除算したことを意味する単位運用コストは、今年の約5%上昇して12.2ポンド相当の石油換算額になると推定されている。

この単価は、2014年に比べて3分の1にもなります。

ウォッチドッグは、2018年以降に総営業経費とユニット運営費が上昇しないと予測していますが、石油・ガス産業の長年の激しいコスト削減が終わったという兆候で、2023年までは概ね横ばいまたはわずかに落ち着くでしょう。

北海の総生産量は3%増の6億1,200万バレルとなる予定です。

石油・ガス企業は、アジアからの急増する需要に対応するため、2000年代後半に北海に数十億ドルを投資したが、その後の原油価格の上昇は莫大な非効率性と無駄を隠した。

米国のシェール生産者がOPECと市場シェアを競う中で、2014年に原油価格が下落したとき、北海の生産量は1999年の260万人のピークから、すでに約100万バレルに減少しています。

投資は枯渇しており、多くの事業者が井戸を塞ぐことや畑を解体することに重点を置いていましたが、大幅なコスト削減をもたらす政府や業界の努力により、流域への新たな投資が呼び出されました。

そして今、世界最大の石油・ガス企業は、準備金を補充し、生産量の減少を止め、長年の厳しい生活の後に原油価格の上昇を利用するために、財布の紐を緩めるという圧力が強まっている。

さらに、石油サービス会社は、業界の回復の公正な分け前と見なして戦う際に、生産者と対立している。

石油市場は本質的に循環的である - もし原油価格が下落すれば、投資も産出も価格を上昇させる - そして、石油サービス企業は景気回復を利用して景気を相殺して価格を引き上げることによって、ジェットコースターに乗る。


($ 1 = 0.7654ポンド)

(Shadia Nasrallaによる報告:Jane Merrimanによる編集)

カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー