記録的なペースで成長する石油精製能力

18 1月 2019
©VanderWolf Images / Adobe Stock
©VanderWolf Images / Adobe Stock

国際エネルギー機関によると、世界の石油精製能力は今年、記録的なペースで最速のペースで増加すると見込まれている、と国際エネルギー機関は語った。

IEAによると、石油精製能力は1日当たり260万バレル(bpd)、精製製品の需要は約110万バレル増加するという。

昨年原油価格が高騰したために下落したマージンの意味は、まだ明らかにされていませんでした、とパリに拠点を置くIEAは、先進国のエネルギー政策を調整します。

「これ(需要の伸び)は、稼働中の新設備の半分しか利用していない。原油価格を調整することによって精製マージンが支えられれば、稼働率は低下しない。これは製品在庫が増加することを意味する」と述べた。

IEAによれば、国際海事機関による来年度の出荷燃料中の硫黄分の削減に関する規制の実施に先立って、精製製品の在庫の増加は「役に立つ」可能性があります。

先月の史上最高記録の84.2百万バレル/日に達する石油の生産量の増加から、利益率は依然として圧力を受けている。同機関によると、製油所は、昨年の8220万bpdと比較して、今年は8340万bpdを処理する。

「世界の精製業界は、厳しい2019年に直面しています... 3年連続で平均原油価格が上昇を続けるのであれば、精製マージンは一部の精製地域で減速を余儀なくさせるレベルまで低下するでしょう」とIEAは述べました。


(Shadia Nasrallaによる報告、Dale Hudsonによる編集)