輸出業者としての米国の石油回収が生産を削減

15 2月 2019
©ゴースト/アドビストック
©ゴースト/アドビストック

米中貿易交渉については不確実性があるにもかかわらず、米国の原油価格は金曜日に上昇し、主要輸出国による更なる供給削減の希望で4日目を得た。

米国西テキサス中級(WTI)の原油先物は0038 GMTの1バレル当たり54.79ドルで、前回の決済から40セント、つまり0.7%上がった。彼らは木曜日に51セント(0.95%)上昇した。

国際ブレント原油先物は、前回のセッションで1.5%クローズした後、まだ取引されていませんでした。

ANZ銀行は、「原油市場は、OPEC +からのさらなる減少の兆しが続いていることから、貿易交渉への懸念を和らげた」と述べた。

OPEC +として知られている生産者グループは1日あたりの合同120万バレルによって原油生産量を削減することに同意しました。トップ輸出国のサウジアラビアは、3月には契約が求めていたよりもさらに削減すると述べた。

ロシアは10月の水準から1日当たり8万〜9万バレルの石油生産量を削減したと、モスクワの削減目標値としている。

それでも、水曜日の米国政府のデータによると、先週の米国の原油在庫は2017年11月から最高値まで上昇し、精製業者は2017年10月から最低値まで操業を削減した。


(Colin Packhamによる報告、Richard Pullinによる編集)

カテゴリー: LNG, シェールオイル&ガス, ファイナンス