過剰な石油価格は秋に下落した

ジョンケンプ30 5月 2018
©Zhu Difeng / Adob​​e Stock
©Zhu Difeng / Adob​​e Stock

彼らが言うことではなく、トレーダーが実際に行うことに注意を払うことは、成功した石油市場分析のための最も重要な原則の1つです。

ここ数週間の原油価格についてのすべての強気な解説にもかかわらず、多くの予告価格が後退のために準備されていた。

4月中旬までに、ヘッジファンドは、原油と製品の先物とオプションで14億バレルに相当するほぼ記録的な長期ポジションを獲得した。

規制および為替データによると、弱気のロングポジションは弱気のショートポジションを凌駕し、前例のないほぼ14:1の比率を記録した。

ブレント先物相場は、ベネズエラからの石油輸出の減少とイランに対する新たな制裁に焦点を当て、今後5週間でバレル当たり8ドルの上昇を続けた。

しかし、市場を詳しく見てみると、ラリーの勢いがなくなり、ますます脆弱な兆しが見えてきているという兆しが見えてきた。

ヘッジファンドおよびその他のマネー・マネジャーは、4月17日から5月22日までの5週間ごとに、石油先物およびオプションの純売り手であった。

弱気のロングポジションは5200万バレル減少し、弱気のショートポジションは5700万バレル増加した。

ロングポジションが1億7000万バレル減少し、ショートズが6,200万バレル増加した原油市場では、シフトがさらに顕著になった。

ヘッジファンドのポジションが先物市場のフロントエンドに集中していることもあり、前月のブレント先物市場は逆行から景気後退に転じた。

ブレント島の物理市場も、デント・ブレントの価格がコンゴンゴに転落し、売れ残った貨物が報告されるなど、脆弱性の兆候が増している。

6カ月物のブレント暦の先物相場に沿った弱体化は、4月26日の1バレルあたり3.50ドルの急激な後退から、5月29日にはわずか1.49ドルへと緩和された。

引き金
2015年の始まり以来、石油市場のヘッジファンドによる長期または短期のポジションの集中は、通常、最近の価格動向の差し迫った反転を予告していました。

Lopsidedポジショニングは、生産や消費についての重要な新情報がない場合でも(株式市場が崩壊する理由:複雑な金融システムにおける重大な出来事、Sornette、2003)、逆転を引き起こす可能性があります。

しかし、最近数週間でいくつかの新しい情報が、勢いがなくなり、少なくとも一時的に逆転する可能性があることを示唆した。

急速に高騰した価格は、2018年と2019年の後半に大規模な予測者が消費拡大の予測を修正し始め、需要の破棄という問題を議題に戻した。

高水準の原油価格は、米国や他の石油消費国のポンプ価格を敏感な水準まで引き上げた。

米国の平均ガソリン価格は、ここ数週間で政治的に敏感な1ガロン当たり3ドルに近づき、政治家から注目を集め始めた。

ドナルド・トランプ米国大統領は、4月20日、石油輸出国機構(FOMC)に対し、価格を容認し難い高値に引き上げたことをTwitterのメッセージで非難した。

政治的機会を感知している米上院議員民主党は、OPECに価格引き上げを非難し、石油供給を増強するために、特にサウジアラビアに圧力をかけるように呼びかけた。

他の地域では、ガソリンとディーゼルの価格が過去最高を記録し、OPECが生産を制限したことを石油大臣に非難するよう促した。

ブラジルでは、ディーゼルの価格が過去最高を記録した後、トラック運転手のパトロールが広がっている。

サウジアラビアが率いるOPECとロシアを筆頭とするOPEC以外の同盟国は、消費の高騰にもかかわらず生産を制限することによって原油価格の高騰がますます起こっている。

ベネズエラからの生産量の減少とイランからの輸出の減少は、OPECとその同盟国が2018年の生産目標をどれほど下回る危険性があるかを示している。

サウジアラビアは、米国がイランに制裁を科すよう強く求めているが、米国選挙時に自動車運転手の燃料費が高騰したとして非難されたくないため、特に微妙な立場にある。

これに対応して、OPECの出身者は、ベネズエラとイランの損失を補うために生産量を増やす意思を伝え始め、2018年末までの生産量は変わらないという初期の姿勢を逆転させる。

OPECからの2018年後半の生産増加の可能性についてのコミュニケーションは、24日に始まった石油価格の急落を誘発したようである。

しかし、OPEC戦略の変更に対する圧力は数週間にわたり激化しており、少なくとも一部のトレーダーは既にポジションを調整してシフトを予想し始めていた。

いつものように、それは人々が何をしているのか、彼らが言うことではなく、重要なことです。


(エドモンド・ブレア編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス