青岡ミズFPSOがランカスターフィールドに参戦

19 3月 2019
青岡ミズFPSO(写真:ハリケーンエナジー)
青岡ミズFPSO(写真:ハリケーンエナジー)

ハリケーン・エナジー社の浮体式製造、貯蔵、荷降ろし(FPSO)船は、グループの北シーランカスター油田に接続されています。これは、英国でいわゆる破砕基油を抽出することを目指しているためです。

ハリケーンは、割れた地下室貯留層として知られる硬くて脆い岩石の割れ目から石油を回収することを専門としています。

「青岡みずFPSOは2019年3月17日にランカスター油田に到着し、2019年3月19日の朝にタレット係留システムブイに首尾よく繋がった。本船は現在停車中で、しっかりと係留されている」とハリケーンは言った。

1月に引っかかったロープは進歩を遅らせました。

ハリケーンは、2019年前半にスコットランドのシェトランド諸島西部の大ランカスター地区(GLA)プロジェクトからの最初の石油を目標としてきました。それに向けてのあらゆる進歩は、市場で注目されています。

「最初の石油の後、ハリケーンは1日当たり17000バレルの石油の計画された平均プラトー率に向かって生産が徐々に上がることを予想しています。」

英国では現在、生産に破砕流域はありません。 8月にLundin Petroleumはノルウェー領北海の砕けた貯留層からの良好な生産性を発表した。

Greater Warwick Area(GWA)プロジェクトと合わせて、Hurricaneはそのポートフォリオに7億5000万バレルの正味埋蔵量を追加することを目指しています。


(Shadia Nasrallaによる報告、Louise Heavensによる編集)

カテゴリー: エネルギー, 船舶