2019年に上昇するノルウェーの石油投資

によってNerijus Adomaitis7 1月 2019
(写真:エクイナー)
(写真:エクイナー)

業界ロビー団体によると、ノルウェーへの石油とガスの投資は2019年には2年連続で拡大すると見込まれているという。

西欧最大の石油生産国は、2014 - 2016年の不振の後、原油価格の上昇により石油業界の活動が回復しました。

ノルウェーの石油・ガス協会(NOG)によると、ノルウェーの石油産業への投資は前年同期比で16パーセント増加し、1,845億クラウン(215億ドル)になります。これまでに2019年には1,530億クラウンの投資が見込まれていました。

「ノルウェーの大陸棚で活発な活動が行われているのは朗報です。近年の業界の大幅な構造改革が競争力を高めているためだと考えています」と述べた。

しかし、投資は2019年以降、2020年には1825億冠、2021年には1680億冠、2022年には1,565億冠、そして2023年には1,415億冠に達すると発表した。

同グループは、10月までに石油が1バレル70ドル以上で取引されていた10月までに完了した企業の調査に基づいて投資の予測を行ったと述べた。それ以来、価格は下落し、月曜日に1バレル58ドルで取引されていました。

NOGのヘッド、カール・アイリック・シュジョット・ペダーセン氏は、価格下落が大きな影響を与えるとは予想されていないと語った。同氏はまた、「プロジェクトは非常に堅牢であると考えている。なぜなら、企業はさらに低い原油価格で経済的なものにすることに注力してきたからである」と述べた。

ノルウェーのEquinorは、新規プロジェクトの平均損益分岐点は1バレル21ドルである一方、Aker BPは、損益分岐点が1バレル30ドルを超えるプロジェクトには投資しないと述べた。

「コストに集中する必要があることを非常に心配しています」とSchjoett-Pedersen氏は述べています。

NOGは、掘削される井戸の数は昨年の56から変わらないと予想されていたが、探査支出は2018年の260億から2019年には300億冠に増加すると予想されると言いました。


(1ドル= 8.3304ノルウェー王国)

(Gwladys Foucheによる編集、Edmund Blairによる編集)

カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー, ファイナンス