500日間、失われたオイルの10倍のバレルが原油を80ドルに押し上げる

アマンダ・クーパー17 5月 2018
©Eugene Sergeev / Adob​​e Stock
©Eugene Sergeev / Adob​​e Stock

世界的な原油市場で石油供給量の大幅な減少が500日ぶりに犠牲になったが、原油価格は現在、OPECヘビー級のサウジアラビアの1バレル= 80ドルを目標としている。

北海ブレント原油先物相場は、2014年11月以来初めて80ドルを割り込む80.18ドルとなった。

投資家は過去4年間でいつでも株価上昇のために買いをしており、市場のウォッチャーは1バレルあたり100ドルに戻っている石油価格について再び話し始めている。

ベネズエラ、メキシコ、アンゴラなどの大手生産者の非自発的な生産逓減に伴い、イランに対する石油輸出を大幅に阻害する可能性のある米国の制裁措置を再開したことが、価格の高騰に寄与した。

サウジアラビアを中心に、石油輸出国機構(OPEC)とロシア最高生産国を含む10のパートナーは、2017年1月以来、日量180万バレルの原油を削減した。

原油価格は、2016年1月に13年間の低水準(1バレル当たり27ドル)を記録して以来、50ドル上がっており、地政学的懸念と需要と供給のバランスの良さを反映して過去12ヶ月間で50%

ブレント原油先物契約のプレミアムは、供給が今後の需要には不足するとの投資家やトレーダーの信念を反映して、さらに先行するものに比べて年間で最大となっている。

サウジアラビアは、国営石油会社ARAMCOの一部を浮かべるようになるにつれ、約80ドル、さらには100ドルの原油価格を支持していると言われている。

しかし、OPECとそのコホートは、彼ら自身の成功の犠牲者になるかもしれない。国際エネルギー機関(IEA)は、石油価格の高騰を受け、世界的な需要の伸びはほぼ必然的に遅くなると警告した。

一方、年初から米ドルが上昇したことで、主要輸入国の原油を購入する購買力が抑制される可能性があり、特にインドやインドネシアなどの多くの国は、燃料補助金などの運転手を提供していない。

OPECはまた、クラブ外からの競争力のある形で頭痛を抱えています。つまり、今年末までに世界で最大の生産国になる米国からのものです。

OPECの供給削減は、シェール畑からの生産を主導して米国の生産量の増加に拍車がかけられ、これにより、価格の高騰とともに、IEA、OPEC自体、米国エネルギー情報局もっと慎重。

だから80ドルはサウジアラビアの魔法の数であるかもしれないが、その呪文は短命であるかもしれない。

(Amanda Cooper著、Adrian Croftによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス