Aker Energy、石油オフショアガーナを採用

4 3月 2019
(写真:Aker Energy)
(写真:Aker Energy)

Aker Energyは、ディープウォータータノケープスリーポイント(DWT / CTP)ブロックの運営者として、月曜日にメインのPecan油田のガーナ沖のPecan South-1Aで石油に遭遇したと発表した。

Aker Energyは、坑井の結果を分析しているところであり、推定積算量を検証するためにさらに掘削を開始すると述べた。これらの量は、以前は450〜550 mmboeと推定されていた、この地域の既存の発見からの総偶発資源(2C)への追加となります。

Aker EnergyはDWT / CTPブロックの運営者で、50%の参加持分があります。そのパートナーはLUKOIL(38%)、ガーナ国立石油公社(GNPC)(10%)およびFueltrade(2%)です。

Aker EnergyのCEO、Jan Arve Hauganは、次のように述べています。「DWT / CTPブロックの運営者として、また成功したことを発表できます。掘削の結果、この地域の地質モデルが再確認されました。ペカン油田開発の堅牢性をさらに強化し、3月末までに提出される開発計画を完成させながら、鑑定掘削キャンペーンを継続します。」

ドリルシップMaersk Vikingは、現在進行中の評価キャンペーンであるPecan South Eastで3番目の坑井を掘削するために移転する前に、Pecan Southで坑道を掘削します。

Pecan Southの結果とPecan South Eastの試掘前の見積もりに基づいて、Aker Energyは開発計画(POD)に含まれる総量が600-1000mmboeの間に増加する可能性があると見積もっています。

Aker Energyは、この地域でさらに上向きの動きが見られると述べ、PODの提出後のより大きな地域開発の一環として、掘削する複数の井戸ターゲットを特定しました。

カテゴリー: オフショアエネルギー, 深層水