BPは2019年に米国のシェールオイルのプットを2倍以上に

4 2月 2020
(ファイル写真:BP)
(ファイル写真:BP)

BPの米国シェールオイルの生産量は、2018年後半に105億ドルのBHPの資産を取得したことで生産量が増加したため、2019年には前年の2倍以上に増加しました。

BPX Energyとして知られるBPのシェール部門の石油生産量は、2019年の1日あたり125,000バレル(bpd)に増加しました(前年の55,000 bpdから)。

天然ガスの生産量は、1日あたり1,705百万立方メートルから2,175百万立方メートルに増加しました。

BPXの設備投資は2019年に19億4,000万ドルに増加し、前年の11億5,000万ドルからBPの総設備投資額の約12%に増加しました。

BPは、主に天然ガスを生産するシェール資産の一部のポートフォリオの売却をほぼ完了し、BHP取引に続いて売却しました、と最高財務責任者のBrian Gilvary氏は述べています。

BPXは、2019年にヘインズビル盆地の4つ、イーグルフォードの6つ、二畳紀の3つを含む3つの盆地で平均13のリグを運用しました。


(ロン・ブッソによる報告、ルイーズ・ヘブンズによる編集)

カテゴリー: シェールオイル&ガス