ConocoPhillips、FY18の設備投資、生産目標を上げる

26 7月 2018
(写真:ConocoPhillips)
(写真:ConocoPhillips)

石油ガス製造業者ConocoPhillipsは木曜日に四半期利益のためにウォールストリート見積もりを上回り、より高い原油価格を利用しようとしているので、資本予算と2018年の年間生産目標を引き上げた。

ヒューストンに本拠を置くConocoPhillipsは、2018年に1日当たり120万バレル(120万バレル/日)の石油換算量と126万バレル/日を生産すると予測している。 / d、124万boe / dであった。

コノコ氏によると、同社は今年、バレル当たり65ドルを超える環境を反映させるため、今年60億ドルを費やすとみている。当初、2018年には55億ドルの予算が設定されていました。

予想を上回ったのは、同社のいくつかの営業地域での生産量の増加と、アラスカ西部ノーススロープでの買収完了の結果であったとConocoPhillips氏は述べています。

第2四半期の利益を報告する最初の米国の大手石油生産会社の1社である同社は、6月30日に終了した3ヶ月間の平均原油価格が1バレルあたり54.32ドルで、前年の36.08ドルから上昇したと発表した。

同社の業績と同じように、財務業績は、コモディティ価格の上昇と業務の効率化により、最近の四半期に着実に改善しています。

しかし、ConocoPhillipsの第2四半期の生産(リビアを除く)は、前年比で214,000 boe / d減少し、120万boe / dとなった。

第2四半期の当期純利益は、前年同期の34億ドル(1株当たり2.78ドル)の損失と比較して、16億ドル(1株当たり1.39ドル)でした。

Thomson Reuters I / B / E / Sによれば、ConocoPhillipsは1回限りの項目を除いて、1株当たり1.09ドルを獲得し、過去のアナリストの平均見積もりは1.08ドルだった。


(ジョン・ベニーによる報告; Sai Sachin RavikumarとShailesh Kuberによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス