ConocoPhillipsは16.5%の北海の資産をBPに売る

投稿者Joseph Keefe15 7月 2018
Ryan Lance、ConocoPhillipsの最高経営責任者
Ryan Lance、ConocoPhillipsの最高経営責任者

米国の石油生産会社ConocoPhillipsは、Clair鉱区の株式16.5%を石油の大手BPに売却すると発表した。
ヒューストン、テキサス州に拠点を置くコノコフィリップスは、北シナ海の沖合油田に7.5%の持分を保有し、BPは45.1%の持分を保有する。
Reutersは5月にhttps://www.reuters.com/article/us-conocophillips-northsea-exclusive/exclusive-conoco-moves-to-sell-north-sea-oilfields-sources-idUSKCN1IF17Fを報告した。ConocoPhillipsは、北海の田畑を自国市場でのシェール事業に注力しています。
ConocoPhillipsはまた、火曜日に、アラスカ州グレータークパルク油田のBPから39.2%の株式を購入し、非公開価格でクパルクトランスポーテーション社の持分38%を購入すると発表した。

コノコフィリップスのライアン・ランス最高経営責任者(CEO)は、「これらの取引は、英国のクレア・フィールドへの関心を維持しながら、アラスカ州におけるレガシー・アセット・ベースのコアリング戦略を継続するため、コノコフィリップスにとって重要である」と述べた。

Anirban Paulによるレポート

カテゴリー: エネルギー, オフショア, オフショアエネルギー, ファイナンス, ロジスティクス, 合併と買収, 契約, 法的