Egina Oilfieldでトータルスタート生産

2 1月 2019
(ファイル写真:SAPETRO)
(ファイル写真:SAPETRO)

Total SAは水曜日、ナイジェリア沿岸沖のEgina油田から生産を開始したと発表した。これは、フランスのエネルギー会社による深海石油およびガスプロジェクトの推進によるキャッシュフローの推進の一環である。

Eginaからのアウトプットは、深さ約1,600メートル(5,250フィート)の水域にあり、1日当たり20万バレルの石油で横ばい状態になると予想されています。その率はナイジェリアの現在の生産の約10パーセントに相当します。

「Eginaは、2019年以降、グループの生産とキャッシュフローを大幅に拡大し、過去4年間で40%の運用コストを削減したナイジェリアでの強力なコスト削減努力の恩恵を受けるでしょう。」と言った。

サハラ以南のアフリカ、ブラジル、米国湾岸地域の収益性の高い深海油田とガス田に賭けています。アフリカでは、同社はコンゴ共和国とアンゴラで深海プロジェクトを立ち上げています。

深海プロジェクトからの総予測出力は、2020年までに1日当たり50万バレルの石油に達し、今後数年間で35パーセント以上のキャッシュフローを占めるでしょう。

トータルはまた、今年はエギナ油田と同じ地域にある、プレウエイ油田の開発に投資するかどうかを決定すると発表した。

合計はほぼ10年間ブロックの3番目の油田、Akpoから石油を抽出してきました。それはブロックのリースで24パーセントの株式を保有しており、オペレーターです。そのパートナーは、国営のナイジェリア国立石油公社、中国のCNOOC、ブラジルの石油会社、そしてナイジェリアの民間企業Sapetroです。

フランスの会社はアフリカの石油の最も強いプレーヤーの1つであり、世界のトップの石油会社の中で大陸で最大の証明された埋蔵量を保持しています。

(画像:合計)


(Inti Landauroによる報告、Richard LoughとEdmund Blairによる編集)

カテゴリー: オフショアエネルギー, 深層水