EnQuest、2019年に20%高い石油生産を見込む

Noor Zainab Hussain5 12月 2018
(写真:EnQuest)
(写真:EnQuest)

EnQuestは、裕福な英国の北海の生産者が、その旗艦分野で一連のマイナーな挫折から回復するために努力するため、来年、約20%増の石油を生産すると見込んでいる。

同社は、2019年に1日当たり63,000〜70,000バレルの原油を生産すると予想しており、今年は54,000〜56,000バレルの生産量を見込んでいる。

老朽化した畑からより多くの樽を絞り出すことを専門とするEnQuestは、2017年に生産を開始した最大の北海開発の1つである、今年の重要なクラッケン畑で数少ないシステム停止と設備修復に苦しんでいます。

RBCのアナリストは、2019年に強力な回復を望んでいた。

「クラクケンのMagnusとDC4の井戸からの追加生産を含む生産指針は、クラクケンの稼働時間の継続に伴って期待していたよりも低い」と述べている。

EnQuestの株価は1020GMTで0.7%下がって23.95ペンスになった。

同社はKrakenフィールドに70.5%の株式を保有しているが、Cairn Energyは残りを所有している。

EnQuestは、債務返済の期限が近づくにつれて2組のセールス・セミコンダクションを放棄しなければならなかったため、現場の株式を売却する計画から資金を借り入れることに転換したと業界や銀行筋が9月​​にロイターに対し語った。

株式の売却は、同社が債務を削減するのに役立っていたであろう。

EnQuestは、10月末に純債務が17億7000万ドルとなり、6月末の17億7000万ドルから、RBCのアナリストの期待に沿って広がったと述べた。

「私たちは2018年の生産目標に沿って引き続き納入し続けています...私たちはまた、債務削減の初期段階で良好な進歩を遂げました...そして、2019年以降も引き続き債務削減の優先順位を決めるつもりです」とAmjad Bseisu最高経営責任者(CEO)

EnQuestは、Magnusフィールド、Sullom Voe油ターミナル、および接続されたインフラストラクチャにおける追加利益の取得が12月初めに完了したと述べた。

同社は、9月にBP PlcからMagnusの残りを購入するために、138百万ドルの割引き権利を発行した。


(Noor Zainab Hussainによる報告; Bernard OrrとMark Potterによる編集)

カテゴリー: オフショアエネルギー