FLNG Satu、ケババンガンで初のLNGを達成

21 5月 2019
(写真:ペトロナス)
(写真:ペトロナス)

Petronasは、火曜日に発表したマレーシア国営石油会社、東部サバ州沖90kmのKebabanganクラスター油田にあるフローティングLNG(FLNG)施設から最初の液化天然ガス(LNG)を生産した。

Kebabanganからの最初のガスは5月4日に5キロメートルの柔軟なパイプラインを通してPetronas FLNG(PFLNG)Satuの砲塔システムに導入され、5月7日に最初のLNGドロップの生産につながる3日間のスタートアップ活動が続きました。

ペトロナスは、2019年6月に最初のLNG貨物の配達が予定されていると述べた。

Kebabangan Petroleum Operating Company Sdn Bhd(KPOC)によって運営されているKebabangan油田は、SarawakのKanowit油田での操業後、Satuにとって2番目の場所です。

このユニットは、水深70メートルから200メートル、処理能力が年間120万トン(MTPA)で、乗務員155人が乗船するように設計されています。

ペトロナスは4月、マレーシアに2つ目のFLNG施設を2020年第1四半期までに完成させる予定であると述べた。

カテゴリー: LNG, オフショアエネルギー, 船舶