Hess Corpが四半期利益を計上し、見通しを上回る

31 10月 2018
(写真:ヘス)
(写真:ヘス)

米国の石油・ガス生産会社Hess Corpは4年ぶりの利益を上げました。アナリストの予想を大きく上回りました。これは、石油をより高い価格で販売し、コストを62%削減したためです。

ニューヨークに拠点を置くHess社は2014年以来利益を報告しておらず、原油価格の回復に伴い多くの同社が利益を上げた後、株主からの大きな圧力を受けている。

ヘス氏は、ヘッジを含む平均実現石油販売価格は、第3・四半期の1バレル当たり66.08ドルで、前年同期の46.97ドルから増加した。

これは生産量の7%の減少を相殺しました。

同社の第2四半期の総費用と経費は62%減少して16億1000万ドルとなった。

9月30日に終了した第3四半期のヘスに帰属する純利益は、前年同期の624百万ドル(1株当たり2.02ドル)の損失と比較して、5200万ドル(1株当たり14セント)でした。

Refinitivのデータによれば、調整後のベースでは、1株当たり38セントとなりました。

ヘスの株式は、前売り取引で6%増の60.34ドルとなった。


(BengaluruのJohn Bennyによる報告; Bernard OrrとSriraj Kalluvilaによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス