Ineos、Clipper South Re-routingプロジェクトを完了

Laxman Pai23 11月 2018
画像:Ineos
画像:Ineos

英国に本社を置く石油製品会社のIneos Oil and Gas UKは、Clipper SouthフィールドからClipperフィールドを経由してBacton処理ターミナルに生産を再ルーティングするプロジェクトを完了しました。

会社の発表によると、新しいパイプラインと海底設備への80百万米ドルの投資は、以前はConocoPhillipsが運営していたTheddlethorpeガスターミナルの既存設備の10月の閉鎖に続いて、Clipper Southフィールドの寿命を延ばすであろう。

このリリースは、Ineos Oil&Gas UKのデイビッド・ブルックスCEOは次のように述べています。「このプロジェクトの完了は、当社の石油・ガス事業に対するIneosのコミットメントのもう一つの例であり、北海からのガスの経済回復を最大化する政府の戦略を支援する。私たちのビジネスにとって大きな成果であり、プロジェクトチームの勤勉さと献身によって可能になったのです」

「当社のJVパートナーであるSpirit Energyに、プロジェクト全体でのサポートと施設の所有者としてのShellとの業務上、技術上および商業上の協力関係に感謝したい」とDavid氏は付け加えた。

石油ガス局の南北海域のエリアマネージャであるEric Marstonは、次のように述べています。「ガスパイプラインの再開発と再配線は、優れた適応性を示し、クリッパーフィールドの寿命を延ばすことを決意しました。このプロジェクトを運営するために一緒に働くIneos、Shell、Spirit Energyの間の協力の素晴らしい例です」

このリリースでは、IneosとSpirit Energyは安全な運用を継続し、将来的にはShellとのさらなる協力を期待しています。

カテゴリー: オフショア, オフショアエネルギー, 海洋機器