Innogy、$ 2.6 Bln Offshore Wind Projectでステークを売る

13 8月 2018
(写真:ベスタ)
(写真:ベスタ)

Innogyは20億ポンド(26億米ドル)のオフショア風力発電所Triton Knollの41%の株式を日本の電力開発と関西電力に売却すると発表した。

この動きにより、Innogyはプロジェクトの資金を確保し、ヨーロッパ最大のオフショア風力発電所となり、日本企業は大陸の規制されたエネルギーインフラ資産に賭けられる。

J-Powerという名前で稼動しているElectric Power Development Coは25%、関西電力は16%の株式を取得する。 Innogyは860メガワットのプロジェクトの大半を保有し、残りの持分は59%です。

「世界中のオフショア・ポートフォリオを拡大し続けるにつれ、価値ある戦略的パートナーシップの確保は当社戦略の重要な目的である」とInnogy理事会メンバーのHans Buentingは述べている。 「今回の合意書は、オフショア開発プロジェクトの魅力を強調しています。

イノジー氏によると、J-Powerが参加するJPリニューアブル・ヨーロッパ・カンパニーは、優先株式を日本政策投資銀行に発行することにより、資金の一部を調達する。

Innogyは、2018年の第3四半期に閉鎖するLincolnshireの海岸から32キロメートルに位置し、80万の英国の世帯に十分な規模のTriton Knollプロジェクトの借款資金を期待していると語った。


($ 1 = 0.7838ポンド)

(Christoph Steitzによる報告; Maria Sheahanによる編集)

カテゴリー: オフショア, オフショアエネルギー, ファイナンス, 再生可能エネルギー, 風力