OPEC、強力な石油市場に直面

Alex LawlerとRania El Gamal10 7月 2018
©artemegorov / Adob​​e Stock
©artemegorov / Adob​​e Stock

世界的な石油需要は、2018年の下半期に強く続くと予想され、OPECの技術委員会は今週、市場が追加生産を吸収する可能性を示唆した。

石油輸出国機構(OPEC)は、米国や中国などの主要消費国から原油価格を冷やし、原油をさらに生産して世界経済を支援するよう求めている中、産出政策を決定するため、金曜日に会合する。

イラン、イラク、ベネズエラ、アルジェリアなどのOPEC加盟国は、このような動きに反対しているが、OPECの実質的なリーダーであるサウジアラビアと非加盟ロシアは、2017年の開始以来徐々に緩やかな減産を提案している。

OPECの3カ国は、ロイター通信に対し、技術委員会(欧州委員会の経済委員会)は、市場の見通しを見直して、今週末に加盟国の石油相に提示すると発表した。

OPECとその同盟国が5月の水準で生産し続けると、今後6カ月間は赤字になる可能性がある」と述べた。

別の情報筋によると、「下半期の市場見通しは強い」と述べた。アルジェリア、イラン、ベネズエラなどいくつかの国は、パネル・ミーティングで、依然として産出量の増加に反対していると述べた。

ビッグバーゲン
ロシアとサウジアラビアは、OPECと非OPEC諸国が1日当たり150万バレル(bpd)の生産を増やすよう提案した。エクアドルのカルロス・ペレス蔵相は月曜日、

この動きにより、既存の18万バレルの減産を効果的に排除し、過去18カ月間の市場のバランスを改善し、原油価格を2016年の27ドルから1バレルあたり80ドル近くに引き上げた。

ペレス氏は、14名のOPECが拠点を置くウィーンに到着した際に、「難しい...困難な会議となるだろう」と述べた。

OPECの第2位と第3位の生産者であるイラクとイランは、今年末までの削減を維持するための以前の協定違反を理由に産出量の増加に反対すると述べた。

両国は生産を増やすことに苦労するだろう。イランは石油産業に影響を与える新たな米国の制裁に直面しており、イラクには生産上の制約がある。

2人のOPEC筋は、ロイター通信に対し、サウジアラビアの湾岸同盟国であるクウェートとオマーンでさえも、大幅な直接的な生産高の増加に反対していると述べた。

あるOPEC筋によると、サウジアラビアの150万バレル増の提案は、仲間に約0.5〜0.7百万バレルの小幅な上昇を妥協させるよう説得することを目的とした「単なる戦術」だという。

サウジアラビアとその湾岸同盟国は産出を引き上げる能力を持っている。ロシアはまた、供給を過度に制限することは、生産合意の一部ではない米国からの受け入れがたい高い生産高の伸びを促進する可能性があるとも述べている。

ロシア第2位の石油会社ルコイル(Vagit Alekperov)長官は、火曜日に、世界の生産減を半減させ、ルコイルは石油生産レベルを2〜3ヶ月で回復できると述べた。

Commerzbankの商品アナリスト、Carsten Fritschは、OPECメンバーの地位に大きな違いがあったため、金曜日の会合は厳しいものになる可能性が高いと述べた。

2011年6月のOPEC会合では、OPECがリビアでの停電を補うために生産量の増加に同意できなかったことを思い出している」と述べた。

そのミーティングは共同宣言なしで終了し、サウジ石油相Ali al-Naimiはそれをすべての時間で最悪のOPEC会議と述べた。

ロイター通信に対し、イランとベネズエラは緊張感を高めながら、金曜日のOPECが米国の制裁措置について議論を繰り広げていると主張し続けたが、事務局はこれを拒否した。


(Ahmad Ghaddar、Shadia Nasralla、Vladimir Soldatkin、Ernest Scheyderによる追加報告、Dmitry Zhdannikovによる著書、Dale Hudsonによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス, 中東