OPECのアウトプットハイクは、オイルバッファーを歴史的な低水準まで圧迫する

Ahmad Ghaddar12 6月 2018
©Eugene Sergeev / Adob​​e Stock
©Eugene Sergeev / Adob​​e Stock

OPECとその同盟国が来週、原油生産量を引き上げることで合意すれば、石油産業は30年以上にわたり余剰生産能力を最大限に圧迫するだろう。

予備容量は、自然災害、紛争、または計画外の供給停止の原因の場合にクッションをグローバル市場に提供し、州がオンストリームとサスティンを短期間でもたらすことができる余分な生産油です。

石油輸出国機構、ロシア、その他の生産者が6月22日から23日に会合する際に生産量を増やすことを決定すれば、そのバッファーは世界需要の3%以上から現在の約2% 、米国の銀行Jefferiesは言った。

Jefferiesのアナリスト、Jason Gammelは、「本日、320万バレル/日(約2百万バレル/日)の予備容量を約200万バレル/日に減らすことになるだろう」と語った。

いくつかのアナリストによると、低油価の年が業界全体の新しい生産への投資を牽引した後も、余剰生産能力は2%を下回る可能性があるという。

サウジアラビアは、来週開催されるウィーンでのハイキングの支援を表明したOPECの事実上の指導者で、市場の潜在的な圧迫に警戒していると語った。

ハリッド・アルファリ博士は、先週、ロイター通信に対し、石油価格が1バレル当たり30ドルを下回った2016年よりも「良い形」にあると述べたが、現時点では余裕のある余裕を懸念している。

OPECとその同盟国は、2017年1月以来、石油価格を高め、肥大した世界の在庫を削減するために供給を抑制している。先月の原油価格は80ドルを超えて上昇し、在庫も減少した。

しかし、工業化された国で過去5年間の平均値にまで下がった在庫の低下は、OPECが直面している難点につながる。

イタリアのEni最高経営責任者(CEO)のClaudio Descalzi氏は、「今日は在庫のクッションや余裕がない」と述べた。 "この文脈では、任意の地政学的なイベントは、価格スパイクを作成することができます。

今年も石油価格は一気に高騰している。イランとの国際的な核取引を断念し、制裁を再開するという米国の決定は、2014年以来最高値まで上昇した。ベネズエラの生産量を押し上げることで供給懸念が高まった。

政治的リスク
「ジェネリック医薬品のGammel銀行は、「過去数年間の在庫の高水準は、在庫が実質的に余剰能力と同じであったため、市場が政治的リスクの上昇に対応する必要がないことを意味しています。

イランのOPEC総書記、ホセイン・カゼンプール・アルデブリは、先週、ロイター通信に対し、サウジアラビアとイラクの後ろにあるOPECの第3位の生産国である米国からの石油輸出が米国の制裁により犠牲になると、

ベンチマークのブレント原油は現在76ドルを超えて取引されている。

モルガン・スタンレーのグローバル石油ストラテジスト、Martijn Ratsは、在庫が大幅に引き上げられ、余剰能力がそれほど大きなものではないとすれば、供給と需要がバランスしているならば原油価格が支持されるだろう、と述べた。

使用可能なスペア容量の正確なレベルは、その定義方法に部分的に依存します。

OPECの余剰生産能力は4月に347万バレル/日と推定されており、サウジアラビアは石油生産の90%を占めている。約60パーセント。

米国エネルギー情報管理局(EIA)は、オンラインで30日間稼働させ、少なくとも90日間稼働させることが可能な生産と定義し、第1四半期にOPECの予備容量を191万バレル/日とした。

コンサルタントのラピダン・エナジー・グループのロバート・マクナリー会長は、EIAの定義に基づき、サウジアラビア、ロシア、クウェート、アラブ首長国連邦が一緒に約230万バレル/日の空き容量を持っていると述べた。

マクナリー氏は、「100万バレル/バレルを上乗せした場合、130万バレル/日(bpd)が残っており、歴史的に低水準であり、しかし、OPEC、ロシアなどは、生産量の増加は徐々に増えると述べた。

コンサルタントEnergy Aspectsは湾岸OPECのメンバーが直ちに100万バレル未満を追加し、3〜6ヶ月で約150万バレル/日に増加すると述べた。

エネルギー省のアナリスト、サム・アルダーソン氏は、OPECとロシアが2018年の後半に約50万バレル/日の生産量を追加することを期待しており、2018年12月までに余裕容量を約1.75%に減らすと述べた。リグを移動させて新たな井戸を掘削し、生産量を1200万バレル/1250万バレル/バレルに増やすには、90日を要すると言われています。 5月の王国の生産量は約1,000万バレル/日でした。

しかし、サウジアラビアは、サウジ容量として知られているものの100万バレル/日を追加して、約1,250万バレル/日の生産能力を超えて生産を増強する可能性もある。

王国は、湾岸とイラクの戦争中にこれをしましたが、産出量の急増は数ヶ月しか持続しませんでした。

(ドバイのRania El GamalとロンドンのDmitri Zhdannikovによる追加報告Edmund Blair編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス, 中東