Renewablesはドイツの電力使用の38%に達することができました

2 11月 2018
©Rawf8 / Adob​​e Stock
©Rawf8 / Adob​​e Stock

ドイツの電力産業グループBDEWと研究所ZSWは、2017年の電力消費量の約38%を2017年の約36%から増加させるのに十分なグリーン電力を生産することを見込んでいる。

彼らの予測は、強風と太陽光発電の助けを借りて、年初の9ヶ月間で38%のシェアを達成したというデータで発表されました。

BDEWとZSWは、「第4四半期の風力発電量が近年の平均値を上回れば、再生可能エネルギーは今年度の需要のわずか38%を占める可能性がある」と述べた。

バイオマスと水力を含むグリーンエネルギーのシェアは、昨年の36.1%に達したと、BDEWのデータが示している。

生産の面では、第1四半期のグリーン電力生産量は1690億キロワット時で、前年同期の32%から35%に増加しました。

単一のカテゴリーとして再生可能な生産が化石燃料の寄与に近づいているか追い越されているが、これは、風速が強く、日照が十分な場合にのみ可能である。

輸入硬炭と国内の褐炭からの発電量は、9カ月で36%、前年同期の38%から減少し、ガス・発電量は12%の13%から減少した。

BDEWのマネージングディレクターStefan Kapfererは、政策立案者が要求する2030年までに65%の再生可能エネルギー目標には、グリーン電力と貯蔵施設の好条件を輸送するための電力網へのさらなる努力が必要だと述べた。

「今後の拡大には破綻がないことを保証する必要がある」と同氏は述べた。

ZSW議長Frithjof Staissは、暖房輸送産業は、欧州連合(EU)による重い罰金を引き起こす可能性がある彼らの努力には程遠いと述べた。


(Vera Eckertによる報告; David Goodmanによる編集)

カテゴリー: 再生可能エネルギー