Rosneftほぼ3倍の純利益

Vladimir Soldatkin6 11月 2018
(写真:Rosneft)
(写真:Rosneft)

ロシア最大の石油生産会社、ロズネフチは、第3四半期の純利益は、川下の操業に大きな打撃を与えたにもかかわらず、原油生産高と価格を挙げて、約1,240億ルーブル(約21.5億ドル)に達した。

同社は、国内原燃料価格が原油価格の高騰に遅れをとっているため、精製および流通に130億ルーブル(20億ドル)の減損を計上した。ロシアの石油会社はまた、当局によって政治的に敏感な小売り燃料価格を制限するように強制されている。

昨年の同時期からの大幅な利益の増加にもかかわらず、Ronseftはアナリストの予想をわずかに下回りました。ロイター通信が分析したアナリストの間でのコンセンサス予想は、クレムリンが管理する会社が純収入を1,470億ルーブルにすることだった。

石油輸出国機構(OPEC)との緊密な関係を構築するモスクワの努力の鍵を握るロズネフチ氏は、ロシアの石油生産の約40%を占めている。

同社は第3四半期の毎日の石油生産量を前年比3.4%増やした。

債務
ロスネフチ氏は、ウラジミールプーチン大統領の長年の同盟国イゴール・セーチン氏を率いて、巨額の債務を抱えて国内外で買収を進めている。

5月には、非中核資産を売却することにより、今年は最低500億ルーブルの負債と売買負債を削減する計画を発表しました。

同社は最新の報告書で純負債を明らかにしていないが、モスクワの証券会社BCSのアナリストは、前四半期から約8%減の717億ドルとなった。

同社の西欧資本市場を閉鎖した制裁導入後、RosneftはTrafiguraなどの国際トレーダーとの前払い取引に切り替えた。

同社は、9月30日現在、ベネズエラが31億ドルを拠出し、6月30日の36億ドルから減少したと発表した。また、9月30日現在の原油先取り取引で268億ドルの貿易業者に293億ドル6月30日。


($ 1 = 65.9829ルーブル)

(Vladimir Soldatkinによる報告Olesya AstakhovaとOksana Kobzevaによる追加報告David Goodmanによる編集)

カテゴリー: ファイナンス