Shell CFO、石油産業のコスト上昇見通し

1 11月 2018
Jessica Uhl(写真:シェル)
Jessica Uhl(写真:シェル)

ジェシカ・ウール最高財務責任者(Royal Dutch Shell)最高経営責任者(CEO)は、2014年以来、世界の石油・ガス産業における賃金とサービスのコストが大幅に上昇し始めたと述べた。

Uhl氏は、同社の第3四半期の業績を受け、電話会議で記者団に対し、「賃金インフレとインフレがサプライチェーンに影響しており、積極的に管理している」と述べた。

「これは1、2年前と比べるとはるかに厳しいものになっている」

先月、原油価格が4年ぶりに高騰したにもかかわらず、2014年の原油価格の下落に伴い、世界のサービスコストが急落し、回復が遅れている。


(エドモンド・ブレア編集Ron Boussoによる報告)

カテゴリー: エネルギー, ニュースの人々, ファイナンス