USドリラーがリグを追加

25 1月 2019
©Ronnie Chua / Adobe Stock
©Ronnie Chua / Adobe Stock

米国のエネルギー会社は今週、今年初めて操業する石油掘削装置の数を増加させたが、1月の掘削装置数は2016年4月以来1カ月ぶりに減少した。

General Electric CoのBaker Hughesエネルギーサービス会社は、1月25日までの週に10本の石油掘削装置を追加し、合計862本とした、と金曜日に発表した。

その月の間、ドリラーは1月に23個のリグを切断し、2016年4月以来1ヶ月で最も多く削除されました。過去2ヶ月間で、12月に2個のリグを引き、11月に12個を追加しました。

将来の生産量の初期指標である米国のリグ数は、2018年にエネルギー会社が支出を押し上げてその年の高値を取得した後に759リグが稼働していた1年前よりもはるかに多い。

しかし2019年に、掘削作業者は、昨年よりも原油価格が下がるとの予測もあって掘削装置を撤去することを計画していると述べた。

今週の米国エネルギー情報局(EIA)の予測によると、7つの主要なシェール層からの米国の石油生産量は、2月に1日当たり最高820万バレルに達すると予想されています。

しかしEIAは、2月のペルム紀生産の増加は、生産がわずかに落ち込んだ2018年5月以降の1ヶ月で最小になると予想していると述べた。

ペルム紀からの生産量は、石油価格が急落し、生産量が急増したことでパイプラインの生産能力を上回り、この地域の樽を奪ったため、ここ数カ月の間に圧力を受けています。

ロイターのコラムニスト、ジョン・ケンプ氏によると、米国のシェールブームは今年涼しくなるだろう。昨年末の価格下落は、通常掘削に影響を与えるのに3〜4か月かかりますが、2019年後半には生産の伸びが鈍化する可能性があります。

米国の原油先物は金曜日に1バレル54ドルを下回って取引をしていた。急上昇している米国の燃料在庫と世界的な経済の混乱が市場を圧迫したので、前月は4週で最初の週のスリップを予定している。

先を見越して、原油先物は2019年と2020年の残高のために1バレル55ドル以下で取引されていました。

米国の金融サービス会社Cowen&Coは今週、同社が追跡している探査・生産(E&P)会社は2019年に約887億ドルを費やし、2017年の722億ドルを23%上回ると発表した。

Baker Hughes氏によると、今週米国では1,059台の石油および天然ガスの掘削装置が稼動していたという。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産します。

米国の投資銀行Piper Jaffrayのエネルギー専門家であるSimmons&Coのアナリストは、今週の平均石油・ガス田混合ガス数は2018年の1,032から2019年の999まで減少し、その後2020年には1,087まで上昇すると予測している。過去2週間


(Marguerita ChoyによるScott DiSavino編集による報告)