USドリラーがリグを追加

18 7月 2019
©Alexey Zakirov /アドビSTock
©Alexey Zakirov /アドビSTock

米国のエネルギー会社は今週、2週間連続で稼働する石油掘削装置の数を過去2週間で約12%増加させました。

ただし、リグ数は今年の初めから92%減、つまり10%減でした。

General Electric CoのBaker Hughesエネルギーサービス会社は、6月28日までの週に4つの石油掘削装置を追加し、その総数を793にしたと金曜日に発表した。

それは1年前の同じ週の間に作動している858のリグと比較します。

その月の間、穴あけ機は7回のリグをカットし、7回連続でカットしました。それはリグ数が記録的な9か月に落ちた2016年5月以来連続して最も毎月の減少です。

第1四半期に69台のリグをカットした後、第4四半期には、ドリラーは23本のアクティブなリグをカットしました。

将来の生産量の初期の指標であるリグ数は、独立した探査会社と生産会社が生産量の増加ではなく収益の増加に重点を置くため、新規掘削への支出を削減したため減少しました。

米エネルギー情報局(EIA)は4月の月刊レポートで、4月の米国原油生産量は1日当たり1200万バレルを突破し、過去最高を更新したと発表した。

EIAプロジェクトの年間生産量は、2019年には米国の総生産量が1,122万bpdに増加し、2018年に設定された年間記録の1,096万bpdから増加します。

米原油先物は金曜日に1バレル当たり59ドル前後で取引され、先週末に米国と中国の大統領との間の貿易協議と石油輸出機構からの生産削減が予想された先週の約3%上昇した。月曜日の国(OPEC)

先を見越して、原油先物は2019年の残高と2020年カレンダーで57ドルのバレルあたり約59ドルを取引していました。

米国の金融サービス会社Cowen&Coは今週、調査中の探査・生産(E&P)会社の予測によると、2019年と2018年の掘削と完了の設備投資が5%減少すると述べています。

Cowenによれば、独立系生産者は2019年には約11%の支出削減を見込んでいるが、大手石油会社は約16%の支出を計画している。

合計で、Cowenはそれが報告した追跡するE&P会社のすべてが2018年に854億ドルに対して2019年に約811億ドルを使うであろうと言いました。

現在までのところ、米国で稼動中の石油およびガスリグの総数は平均1,016です。ほとんどのリグは石油とガスの両方を生産します。

米国の投資銀行Piper JaffrayのエネルギースペシャリストであるSimmons&Coのアナリストは、2018年の1,032年から1,022年までの4年間で最高の1,032年から2022年には1,067年まで上昇すると予測している。

先週のシモンズの予測と同じです。


(Marguerita ChoyとSusan ThomasによるScott DiSavino編集による報告)

カテゴリー: シェールオイル&ガス