Vivo Energy IPO、2ポンドのポンド評価で開始

投稿者Joseph Keefe4 5月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©Kasto)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©Kasto)

2005年以来最大のアフリカ重視IPO。 VivoがFTSE 250のインデックスに加わる
Vivo Energy PLCは金曜日にロンドン証券取引所に上場し、今年のロンドン最大のIPOである20億ポンド(約27億米ドル)と、過去10年間でアフリカ最大のIPOとなった。
流動化した会社のわずか30%未満の最初のオファー価格は1株当たり165ペンスに設定され、条件付き取引では169.50ペンスにまで上昇した。
同社はエネルギー取引所のビトールとヘリオス投資パートナーズの株式を売却する川下の燃料調達会社です。アフリカ15カ国の約2,000の給油所でシェルブランドの燃料と潤滑油を販売しています。
VivoのChristian Chammas最高経営責任者(CEO)は「成功している。 "その申し出は真剣に過払いだった。
「私たちの成功はアフリカの成功から来ている」と同氏は、同社が事業を展開する国の平均成長率は年間約4%であると指摘した。
「それは別の環境だ」と彼は付け加えた。
IPOは、2005年12月にテレコムエジプトが5億2,620万ポンドの評価額で5億1400万ポンドを調達し、2014年のIPOでセプラットが時価総額19億ドルで5億ドルを調達して以来、アフリカを中心とする最大のロンドン上場企業です。 [https://reut.rs/2HUmgGb]
Chammasは上場により同社がベンチマークFTSE 250のインデックスに加わることができると述べた。
これは、Vitolの欧州の川下ベンチャーであるVaro EnergyのIPO計画を破棄し、先月アムステルダムの浮上を阻止したことに続くものです。
バロ氏は、世界的な貿易紛争が他の欧州の株式公開にマイナスの影響を与えたと述べた。
332.2百万株の提供は、同社の27.7%に相当する5億4,800万ポンドに相当する。
Vitolの所有権は55%から40%、Heliosからは44%から30%に下がるとChammas氏は述べた。
JPモルガン、シティグループ、クレディ・スイスが上場をリードした。
Vivoは2017年に利息、税金、減価償却費および償却費が調整され、2017年には3億7600万ドルとなり、2016年には3億200万ドルとなった。

また、年末までに南アフリカのEngenから300の充填ステーションを購入する契約を締結する予定で、Engenは9つのアフリカ諸国に事業を拡大する予定です。 ($ 1 = 0.7375ポンド)(リビー・ジョージによる報告

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス, 契約, 政府の更新, 法的, 燃料&ルブ