Wintershall、ノルウェーのマリアフィールドからの生産高を後押しする

15 10月 2018
写真:Wintershall
写真:Wintershall

ドイツの石油会社Wintershallのノルウェーの主力プロジェクトであるマリアの石油・ガス田は、水の注入問題のために期待されるアウトプットを達成できていないと同社は月曜日、述べている。

2017年末に予定よりも9ヶ月早く始まったこの分野は、ノルウェーの大陸棚からより多くの樽を搾取する革新的なプロジェクトとしてノルウェー政府に歓迎された。

しかし、スタートアップから10ヶ月後、マリアの業績は期待に応えられませんでした。

ウィリアムズ氏はロイター通信に対し、「マリアの生産能力はまだ期待を十分に上回っていない」と述べた。同社はこれらの期待について詳細を述べていない。

ウィンター氏は、この理由は、貯水池の水注入層と石油生産層の間の接続性に限界があると述べている。

Wintershall氏は、「詳細な情報を入手し、今後の方向性を明確にするために、いくつかのテストと調査を実施する」と述べた。

貯水池の圧力を約3,800メートル深めに保つために水を注入する同社は、現時点で約1億8000万バレルの石油換算である現場回収可能埋蔵量の見積もりを改訂する必要があるかどうかを述べるのは時期尚早だと述べた。

この分野の株式の20%を保有するスピリット・エナジーは、ウェブサイト上で、マリアがスピリット・エナジーの生産額に相当する約8300バレルの石油換算額を追加すると予想されていると、

ロイター通信の計算によれば、マリアの予想総生産量は41,500ボーイング以上となる。

ノルウェー石油総局からの最新のデータによると、マリア・フィールドは7月に1日当たり23,400バレルの石油換算量(ボド)を生産しました。

WintershallはMariaのライセンスに50%の持分を、ノルウェーの国営Petoroは残りの30%を保有している。

ノルウェーのビジネスDagens Naeringslivはマリアの分野で最初に問題を報告しました。

ドイツの化学品グループBASFが所有するWintershallは、石油・ガス会社DEAとの合併の過程にある。

スピリット・エナジーは、英国のセントリカ社の69%を所有しています。


(Nerijus Adomaitisによる報告.Jane Merrimanによる編集)

カテゴリー: オフショアエネルギー, 深層水