WintershallのCEO、成長計画に関するノルウェーの首相と会う

Laxman Pai17 10月 2018
写真:©Wintershall / Bernd Schoelzchen
写真:©Wintershall / Bernd Schoelzchen

ドイツ最大の原油・天然ガス生産会社WintershallのCEOであるMario Mehren氏は、ノルウェーのErna Solberg首相がベルリンを訪問した際にWintershallの成長計画を発表しました。

Mehrenは、ノルウェー大使館で開催されたドイツのエネルギー政治とエネルギー産業の首相および代表との議論の中で、生産量のさらなる増加を発表した。

「WintershallとDEAが来年中にWintershall DEAの会社になることはここ数週間明らかになりました。ヨーロッパの独立系ガス石油プロデューサーとして、私たちはノルウェーでの活動を拡大していきます。 「ノルウェーの棚では競争が激しく、Wintershall DEAとして、我々は原動力の1つになります。

Wintershall DEAは、現在の世界生産量を、現在の約575,000バレルの石油換算量から、今後3〜5年間で80万バレルに増やす予定です。生産の4分の1はノルウェーから来るものとする。

「ノバの回収可能埋蔵量は約8000万バレルの石油換算、ダバリン(DEA)の推定埋蔵量は115百万バレルと予測されています。比較すると、ノルウェーの平均発見規模は近年で約4400万バレルとなっている」とメレン氏は説明する。

生産開始後、主に原油はノバ(Nova)鉱区で、主に天然ガスはダバリン(Dvalin)鉱区で生産されます。

ノルウェーは安定した規制の枠組みを提供し、新たな発見のためのガス・石油産業投資に理想的な環境です。もちろん、これは私たちの探鉱活動を大幅に向上させます」とMehren氏は説明します.Wintershallが24%の株式を保有するEquinorのAasta Hansteenフィールドは、すぐに生産を開始する予定で、Wintershallの更なる成長に貢献します。

「パートナー国であるノルウェーのガスと石油のおかげで、長期的には欧州のエネルギー供給が確保されています。

カテゴリー: エネルギー, 政府の更新, 政府の更新